公開履歴
運動している肥満の女性

最近日本でもテレビなどで8時間ダイエットを取り上げています。
8時間ダイエットは、24時間食べ続ける食生活が肥満や糖尿病の原因であると考え提唱された方法です。
午前9時~午後5時の8時間または午前11時~午後7時までの8時間以外の時間には何も食べ物を食べないダイエットです。

これを実践すると一週間で5kgの減量も不可能ではありません。
8時間で1日の食事が終わるので、1日2食になり、全体の摂取カロリーが減ります。
また16時間は食事をしないので、消化器官を休めることができ、機能が向上されるので便秘が解消します。
人間は消化や吸収に多くの体力を使っているので、その割合を減らすことで朝の目覚めを良くする効果もあります。
また8時間ダイエットを取り入れつつ、むくみが気になる方は医薬品を使うのも手でしょう。
むくみを解消できるラシックスという医薬品もありますので、8時間ダイエットと並行して取り入れてみるのも効率よく痩せる近道となるかもしれません。
ラシックスは通販できるので、自宅から気軽に購入することができます。

8時間ダイエットでは8種類のダイエットに効果的な食べ物を、1日2種類選んで好きなだけ食べます。
卵と脂身の少ない肉、乳製品、ナッツ類、いちごなどのベリー、りんごなどの色が明るいフルーツ、穀物、葉物野菜の中から選ぶので、ボリュームがあり健康的に痩せられます。
食べない時間は水分が不足しやすいので、1日1.5~2Lの水を意識して摂取します。
一度に大量の水を飲んでも体内に吸収されずに尿として排出されます。
よってコップ1杯の水を何回かに分けることで、慢性的な便秘にも効果があります。

16時間の絶食がストレスになる場合は、ダイエットに役立つコーヒーを飲むと良いです。
コーヒーに含まれるカフェインは、交感神経の働きを活発にします。
すると血糖値が上がるので、食欲が抑えられます。
カフェインが中枢神経を刺激することで、分泌されるカテコールアミンは、体内の余分な脂肪をエネルギーに変えて消費する作用があります。
よって胃に負担をかけない程度に、ブラックコーヒーを飲むのは問題ありません。